オタワ愛徳修道女会
ホームページへのご感想

あなたへ

前のページへ戻る

叫ぶ人と出会うイエス

マルコによる福音書 10章46~52節

  一行はエリコの町に着いた。イエスが弟子たちや大勢の群衆と一緒に、 エリコを出て行こうとされたとき、ティマイの子で、バルティマイという盲人の物乞いが道端に座っていた。 ナザレのイエスだと聞くと、叫んで、「ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください」と言い始めた。 多くの人々が叱りつけて黙らせようとしたが、彼はますます、「ダビデの子よ、わたしを憐れんでください」と叫び続けた。
  イエスは立ち止まって、「あの男を呼んで来なさい」と言われた。人々は盲人を呼んで言った。 「安心しなさい。立ちなさい。お呼びだ。」盲人は上着を脱ぎ捨て、躍(おど)り上がってイエスのところに来た。
  イエスは、「何をしてほしいのか」と言われた。 盲人は、「先生、目が見えるようになりたいのです」と言った。 そこで、イエスは言われた。「行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」 盲人は、すぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。

あなたへ   多くの人が叱りつけて黙らせようとする程、イエスに向かって叫び続ける盲人バルティマイ。 イエスが何を大切にし、誰と出会うために出かけていく人なのかが、よくわかる聖書の箇所である。 弟子達は、叫び続ける盲人にイエスを近づけようとは思っていなかった。 だから叱りつけて黙らせようとする。 弟子達は、イエスと寝食を共にし教えてを受けていても、イエスが誰か、何を最優先させる方なのかを、 なかなか知るに至らない。 それほど、イエスの思いと行動は、当時の「先生」とはかけ離れていたのだと思う。

  目の見えない物乞いバルティマイを呼び、「あなたの信仰があなたを救った」と宣言するイエス。 私の中にある、もしかして他者には見えず、限りない神との関わりの中でだから自覚させられる惨めな自分を認めて「憐れんで下さい。」と叫ぶ時、 私は、もう「イエスのところに来」ているのだ。(M・K)


前のページへ戻る

アジア管区本部修道院
Copyright © Sisters of Charity of Ottawa. All Rights Reserved.